クレアの日記

飛行機、ホテル、クレジットカード、ミシュラン食べ歩き、SFC修行、JGC修行

ANAマイル修行!!ANA株主優待券の旧券(有効搭乗期間2018年11月30日まで)に続いて新券(有効搭乗期間2019年5月31日まで)も毎日下落中w

ANA株主優待券の買取価格の下落が続いてます!このまま毎日じわじわと下がり11月中旬以降に出回る新券の買取価格を出来るだけ安く仕入れたいと思ってか高値で取引された事を11月、12月は忘れて欲しいと思って欲しいと言った感じになって来ましたwどの辺りで価格が落ち着くのか興味があるところです笑

 

ANAの株主優待券が久しぶりに高値で取引されてましたwもう今から思い付きで修行しようと思って仕入れようと思った人を狙い撃ちしたかのような値上がりでしたが、そろそ旧券(有効搭乗期間2018年11月30日まで)に関しては、実力のある金券屋さんですら「手持ちの在庫は高く売りたいけど買取の方は下落傾向となってますw12月1日にはゴミとなってしまうものですから誰も大量の在庫を抱えたいと思わないのは当たり前の話だと思いますw

 

過去の傾向からしますと11月後半に出回る新券の買取価格は旧券よりも渋めに設定するのではないかと思いますw直ぐに売れるのは安く販売される旧券で新券は下手をすると半年間は余り動かない可能性が高いからですw今回の様に旧券が枯渇した場合には、また高値での取引されることが予想されますが、「大量に持って来る新券の買取を真剣にしてしまうと直ぐに金欠になってしまいますから本音は、また相場が3000円ぐらい戻ったら良いのにと思っている方は多いと思います笑

 

 修行ブームが来たのかと思ってしまうかも知れませんが過去に2000円台まで下がった経緯には、一般的には株を増資して株主優待券の流通量が増えたってことになってますが真相は、元社員により市場に流通されて利用された物が不正により再流通されたりしたってことも影響しているのではないかと思います。

 

気になる人は、詳細はググったら出て来ます「ANA株主優待券不正」とかで検索w

 

 

前回はJALの株主優待券の上限値を修行僧目線で検証して観ましたが、今回は仕事で乗っている人目線で検証してみようと思いますw獲得するマイルやPPを抜きにした金額的な面と利便性から考えてみようと思います!!

 

長々といろいろな目的地で調べるのも大変だったのも有り羽田から福岡だけで見てみたいと思いますwそしてプレミアムクラスでは無く普通席で検証したいと思います。

 

仕事での利用ですと基本的な選択肢となる、変更可能な航空券で比較したいと思います。(※10月27日までの設定で適当な日にちから調べてみました)

片道運賃・・・41,390円

ビジネスきっぷ・・・34,390円

@Biz・・・32,200円

株主優待割引・・・20,840円

 

株主優待券割引からみた差額

片道運賃・・・20,550円

ビジネスきっぷ・・・13,550円

@BiZ・・・11,360円

 

 

参考までに変更不可で使い勝手の悪い特割3の金額も調べてみました。

特割3・・・26,590円

株主優待券割引からみた差額

特割3・・・5,750円

 

調べてみて思ったのですが、羽田から福岡の路線で見てもビジネスきっぷや@Bizと比較しても11,360円から13,550円の開きが有ることからANA株主優待券は販売価格で「10,000円前後」まで上がる可能性は充分に有るのではないかと思いますw特に最近は需要に対して流通量が全然足りてないようですし、不正によって再流通も出来なくなっているようですのでこのまま高値安定となってしまう可能性も考えられます。

 

今後の対策として@Bizで乗れるようにANA@deskも使えるように契約することも考えようかと思ったりしましたwほとんど使うことが無いと思ってスルーしてましたが、いざという時に頼りになりそうです。

零細法人の場合には、クレジットカードの選択肢が少なくまずJCB法人カードが必要になって来ますwダイナースプレミアムのビジネスアカウントからの避難先でJCB法人カードは個人的には一番無難な法人カードなんじゃないかと思ってますし何とANAもイチ押ししてます笑

 

 

JALの株主優待券から修行僧目線で見る株主優待券の天井値を考えてみました!!

一体全体いくらぐらいまで株主優待券が値上がりするのか?と考えて見たときに購入している人の心理を考えたら案外簡単に答えが出て来るのかもしれません、それは修行する多くの人が指標としてるFOP単価10円未満この数字に答えが有るのではないかと思うので簡単に計算して見ます!!航空運賃は7月に計算した時の物ですので現在多少の誤差があるかもしれませんがご了承下さい笑

 

羽田-那覇ファーストクラスで修行する人から考えたJAL株主優待券の天井値

・2倍FOPキャンペーンだと5,320FOP

・株主優待券利用の航空券は31,190円

・FOP単価10円での上限53,200円

・航空券との差額は22,010円

・流石に株主優待券に2万円払わないので他の運賃も見てみましょう^^

・150%加算の普通運賃は54,090円

・JALカードが有るのでビジネスきっぷも150%加算48,990円

・JALオンラインを使えるのでビジネス6も150%加算48,090円

・2倍FOPキャンペーンだと6,304FOP

・ビジネスきっぷFOP単価7.7円

・ビジネス6FOP単価7.6円

・株主優待券利用時の@7.7円=40,964円

・株主優待券利用時の@7.6円=40,432円

・40,964-31,190=9774円

・40,432-31,190円=9,232円

・その結果9,774円〜9242円が上限値

・JAL株主優待券は9000円ぐらいまでは上がる要素は有ると言った結果になりました!

 

実際にはJALよりANAの株主優待券の方が使いやすいイメージがあるので現在同じぐらいの価格になろうとしてANA高騰しているみたいな感じではないでしょうかw

 

 ANA修行業界も特に10月から国際線運賃の日本国内部分のマイル加算率も変更になり、海外行くより手軽に単価もそれほど気にしない、とにかく無計画に勢いで修行しようと思った人がいる限り暫くは高くても売れちゃうんだと思います。

 

 

ANA株主優待券の買取相場を調べてみました!旧券は在庫処分の時期に入ったのではないかと思います。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

10月31日8時現在の買取価格(最高値)

ANA株主優待券の買取価格
(新券 有効搭乗期間2019年5月31日まで)

6,800円
ANA株主優待券の買取価格
(旧券 有効搭乗期間2018年11月30日まで)

4,200円

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク